UCCグループは3月19日に、「LATTE BEANS & ROASTERS (ラテ ビーンズ&ロースターズ)自由が丘本店」(東京都・世田谷区)をオープンした。同店舗は、“自分流ラテスタイル体験”をテーマに、ドリンク・フード・空間・サービスを設計したラテ専門店。従来にないラテ体験をショップで提供し、多くの生活者にコーヒーの楽しみ方を伝えながら家庭用製品の認知拡大も図っていく。

「BEANS & ROASTERS」は、カフェで展開されているメニューを、家でも外出中でも気軽に楽しめるUCC上島珈琲店の家庭用製品ブランドだ。ミルクたっぷりのラテの味わいが特徴で、女性や若年層を中心に好評を得てきた。同社飲料開発部の岩崎隆宏部長は、「お客様のコーヒーの購入場所や飲まれる場所が広がっている。当社はスーパーなどで家庭向け製品を展開してきたが、ブランドとの接触を広げるため、実際のカフェというリアルな場所で展開し、ブランド認知を高めていく」とした。
奥=リキャップ缶の「BEANS & ROASTERS」、手前左=「エッグベネディクト」「リコッタパンケーキ」

奥=リキャップ缶の「BEANS & ROASTERS」(右はリニューアル品)、手前左=「エッグベネディクト」「リコッタパンケーキ」

新店の特徴は、70通り以上のラテを提供できること。ミルクはジャージー乳、有機牛乳、有機豆乳など5種類から選べ、コーヒーの量(3種類)、コーヒー豆(3種類)のステップで自分好みにカスタマイズできる(600円~)。店内は、日々の生活でラテを楽しむシーンをイメージし、リビング、ダイニング、カフェの3タイプに分けた。メニューは、ラテと相性の良い「リコッタパンケーキ」、「エッグベネディクト」(各1200円)などのフードや、思わず写真を撮りたくなるカラフルな「カラーラテ」(6種・各600円)などを提供する。
 
同部の油谷奈津子主任は、「飲料製品とショップの連動にチャレンジしており、4月に刷新する同ブランドの“CAFFE LATTEリキャップ缶375g”は、パッケージに“自由が丘本店”のマークをつける」とする。3月28日には、神奈川県・あざみ野に2号店も出展する予定。ドリンク製品とカフェショップの強力コラボで、ラテの楽しさを日本に普及する考えだ。

UCC 飲料開発部・油谷奈津子主任

UCC 飲料開発部・油谷奈津子主任

〈「LATTE BEANS & ROASTERS 自由が丘本店」概要〉
・定休日=無休
・営業時間=8時~21時
・所在地=東京都世田谷区奥沢2-12-10
・最寄り駅=東急東横線・東急大井町線自由が丘駅南口より徒歩5分、東急目黒線奥沢駅より徒歩3分

「LATTE BEANS & ROASTERS 自由が丘本店」外観

「LATTE BEANS & ROASTERS 自由が丘本店」外観