モスバーガーを展開するモスフードサービスは7月18日から、時間が経過してもおいしさが保てるバンズ(パン)にリニューアルする。対象商品は期間限定品を含め、バンズを使用する全ての商品(「低アレルゲンバーガー」など一部を除く)で約40品。ハンバーガー商品のバンズのリニューアルは約2年ぶり。

今回のリニューアルでは、パン生地の保水性を高めることで、よりふっくらとやわらかな食感に仕上げ、テイクアウトの際にパサつかず長い時間おいしさを保てるようになった。現行のバンズから重量を平均約3%増量し、食べ応えも高めている。

なお、今回のリニューアルは、10月の消費税増税に伴う軽減税率の導入で、テイクアウト需要が増加するとの見込みから実施する。価格の変更は行わない。