スシローは7月19日、「光るゴールデンタピオカミルクティー」(税別280円)を数量限定で発売した。

世界で“年間1億杯”飲まれているという台湾茶房「Sharetea」と、本格スイーツやドリンクの開発を行う「スシローカフェ部」のコラボによるドリンクメニュー。「Sharetea」は今回のコラボで“日本初上陸”となるカフェチェーンで、1992年に台湾で創業し、現在、世界18か国に500店以上を展開している。今回、スシローとのコラボのため、よりリッチで濃厚な味わいの特別ブレンドのミルクティーを開発したという。また、タピオカは、もっちりとしてやわらかく、本格的な弾力が特徴のShareteaオリジナルレシピのタピオカを使用する。

「光るゴールデンタピオカミルクティー」は、スマホなどのライトで照らすことで優しく光る、SNS映えする“不思議なタピオカドリンク”。TwitterとInstagramでは7月19日から8月26日まで、スシロー公式アカウントをフォローし、ハッシュタグ「#スシローでゴールデンタピ活」を付けて「光るゴールデンタピオカミルクティー」の写真を投稿した人の中から、抽選で25人に「Shareteaオリジナルカップホルダー」をプレゼントするキャンペーンを展開している。