コロワイドグループのカッパ・クリエイトは、同社が運営する回転寿司チェーン「かっぱ寿司」全店で、9月13日から「吉祥寺 武蔵家監修 家系ラーメン」(税別390円)を販売開始した。12月1日までの期間限定。

“有名店の味を身近なかっぱ寿司で”をコンセプトに展開する、かっぱ寿司の大ヒットシリーズ「本格ラーメンシリーズ」の第7弾。同シリーズは、第6弾までの累計で440万食以上を販売している。カッパ・クリエイトは今回、「コクや食べごたえがありながらも最後まで飽きずに美味しく食べられる絶妙な味に感動」したため、「吉祥寺 武蔵家」にコラボレーションを依頼したという。

「吉祥寺 武蔵家」はラーメンの激戦区である東京・吉祥寺で1999年に創業。吉祥寺の老舗焼き鳥店「いせや」から仕入れた国産の豚骨、鶏ガラを一日150kg以上炊き、コクだけでなくキレも重視したスープに、創業以来継ぎ足している自家製醤油ダレを合わせ、さらに“味の決め手”として鶏油(チー油)を使用。麺はモチモチした食感の、短い中太平打ち麺。

カッパ・クリエイトによると、今回のコラボレーションについて、関東を中心に人気のある“家系ラーメン”を、「日本各地の消費者にも楽しんでもらいたい」との思いで企画した。“家系”には特有の食べる人の好みに合わせたカスタマイズ手法があり、かっぱ寿司の店内でアレンジを楽しめる点も親和性があったという。

かっぱ寿司では「吉祥寺 武蔵家監修  家系ラーメン」の提供に際し、家系ラーメン店の多くで卓上にニンニクやコショウ、酢などのバラエティに富んだトッピングを提供するのと同様に、追加トッピング「味玉」(税別100円)や、スープと酢飯の絡み合いがおいしいという「追いしゃり」(税別100円)を用意。別添えで提供する海苔をスープにひたしてからご飯に巻いて食べることや、スープを飲み干す際、卓上のガリを入れることでさっぱりさせる、寿司店ならではの食べ方を勧めている。

なお、かっぱ寿司公式アプリでは「吉祥寺 武蔵家監修 家系ラーメン」の発売を記念し、9月13日から9月30日まで使用できる、100円(+税)引きクーポンを配信している。
「吉祥寺 武蔵家監修 家系ラーメン」「追いしゃり」「味玉」

「吉祥寺 武蔵家監修 家系ラーメン」「追いしゃり」「味玉」