ビーケージャパンホールディングスが運営するハンバーガーチェーン「バーガーキング」は9月20日、直火焼きのビーフパティと4種類のローストキノコを合わせ、濃厚なキノコクリームソースで仕上げた「KINOKO WHOPPER(キノコワッパー)」を販売開始した。単品690 円、セット990円(以下全て税込価格)。11月下旬までの期間限定。

ビーケージャパンホールディングスによると、「キノコワッパー」最大の特徴は、2種類のマッシュルームと、エリンギ、ぶなしめじを使用したローストキノコにあるという。それぞれのキノコを大きめにカットし、じっくりとローストすることで、直火焼きの100%ビーフパティに合わせても、キノコの風味と食感をしっかりと感じられるように仕上げた。

また、オリジナルで開発したキノコクリームソースにも、トリュフ、ポルチーニなど6種類のキノコをふんだんに使用。リッチな風味を加え、ブラックペッパーでアクセントを効かせた。クリスピーなベーコン、新鮮な野菜を一緒にサンドし、キノコを存分に味わえる季節感あふれる贅沢なハンバーガーだという。

なお、手軽な価格とサイズの「KINOKO WHOPPER Jr.(キノコワッパー ジュニア)」も同時発売。単品490円、セット790円。