日本ケンタッキー・フライド・チキンは10月2日、「水曜日限定8ピース1500円」を全国のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)店舗で発売した。

KFCの「オリジナルチキン」(単品250円、以下税込価格)は、国内のKFC登録飼育農場で育てたハーブ鶏を、“カーネル・サンダース秘伝”の11種類のハーブ&スパイスで味付けし、店舗で1ピースずつ手づくり調理している。通常8ピース1960円のところ、今回の「水曜日限定8ピース1500円」では、10月30日までの毎週水曜日限定で、1500円で販売する。

また、「水曜日限定8ピース1500円」を注文した人に限り、「ポテト(BOX)」を通常1個650円のところ、1個500円で販売する。

なお、KFCでは10月1日からの消費増税と軽減税率導入にあたり、店内飲食とテイクアウトの税込価格を統一、店内の表示も全て従来どおり税込価格を使用している。「チキンフィレサンドセット」「和風チキンカツサンドセット」などの一部セットメニュー、「ポテト(S)」など一部のサイドメニューは10~20円の幅で値上げとなったが、オリジナルチキンは店内飲食時の本体価格を引き下げ、従来の税込価格250円を据え置いた。