〈「Ichiei Taguma×デザート ショコラディスカバリー」も同時発売〉
スターバックス コーヒー ジャパンは11月1日から、「ホリデーシーズン2019」をスタートし、「メリーストロベリー ケーキ フラペチーノ」と「メリーストロベリー ケーキ ミルク」の2種類の“ホリデービバレッジ”を第1弾商品として全国のスターバックス店舗 (一部除く)で発売する。11月21日までの期間限定、なくなり次第終了。

「メリーストロベリー ケーキ フラペチーノ」は、細かく砕いたスポンジケーキとショートブレッドを混ぜ合わせたスポンジケーキクラムに、果肉入りのストロベリーソースを重ね、ケーキらしい味わいやクリスマスケーキをカットしたときのような断面の美しさを表現。ホイップクリームにはストロベリーをトッピングしている。Tallサイズのみ、590円(以下、全て税別価格)。

「メリーストロベリー ケーキ ミルク」は、果肉入りストロベリーソースの甘酸っぱさとスポンジケーキのような風味をミルクに溶け込ませ、スチームミルクをたっぷり注いだ、ノンコーヒーのホットビバレッジ。ストロベリー果肉の存在感に驚きながらも、とろりとしたホイップクリームのコクを感じられ、全体的に丸みのある優しい味わいだという。Short=450円、Tall=490円、Grande=530円、Venti=570円。
スターバックス「Ichiei Taguma×デザート ショコラディスカバリー」

スターバックス「Ichiei Taguma×デザート ショコラディスカバリー」

また、スターバックスのホリデープロモーションでは、フードスペシャリストと一緒につくる、コラボレーションシリーズも展開。今回は、東京・白金高輪のパティスリー&レストラン「Libre(リーブル)」エグゼクティブシェフ、Ichiei Taguma氏(田熊一衛氏)とコラボレーションし、「Ichiei Taguma×デザート ショコラディスカバリー」(490円)を11月1日から発売する。
 
「Ichiei Taguma×デザート ショコラディスカバリー」は、ショコラの濃厚さと柑橘の酸味を融合させたチョコレートケーキ。レモンコンフィチュール(果汁を煮詰めて果実を漬けた、ジャムのような食品)を塗ったレモンスポンジの上に、チョコレートムースとクランブル・フィアンティーヌ(薄焼きのクレープ皮を砕いたもの)を何層にも重ね、チョコレートスポンジをのせた。2020年1月16日までの期間限定で販売する。
 
全体をチョコレートクリームで包み、トップにはオレンジ色のナパージュをトッピング。チョコレートケーキの中に、レモンの爽やかな酸味、クランブル・フィアンティーヌのサクサクとした食感のアクセントがあり、食べ進むほどに楽しい発見(ディスカバリー)のあるデザートだという。
 
田熊氏は、「ショコラディスカバリー」について、「このケーキから色々な会話が生まれる“瞬間”をイメージして手掛けたホリデーデザートです。コーヒーと最高のペアリングタイムをお楽しみください」とコメントしている。

白金高輪「Libre」エグゼクティブシェフ・Ichiei Taguma氏

白金高輪「Libre」エグゼクティブシェフ・Ichiei Taguma氏