スターバックス コーヒー ジャパンは、2020年1月から順次、国内のスターバックス店舗で、FSC認証紙を使用した紙製ストローの提供を開始する。

11月26日に発表したもの。スターバックスは2018年7月時点で、2020年末までに全世界のスターバックスにおいて使い捨てのプラスチック製ストローを全廃することを発表していた。その後、様々な素材を用いた検証を経て、今回、プラスチックストローから紙製ストローに切り替え、2020年1月から段階的に導入することを決定した。紙製ストローはすべて、適正に管理された森林およびその他の管理された供給源からの原材料で生産された、FSC認証紙を使用する。
紙製ストローの包材には、サステナブルな未来を目指すスターバックスの想いを託した5つのメッセージを記載

紙製ストローの包材には「私たちの小さな選択が未来をつくる」など、サステナブルな未来を目指すスターバックスの想いを託した5つのメッセージを記載

2020年3月からは、1500店を超える日本のスターバックス全店舗で紙製ストローの提供を開始。また、一部のフラペチーノ等に使用する太い口径のストローは、2020年5月から順次、紙製ストローへの切り替えを実施する。これらの素材変更により、年間約2億本分のプラスチックストローの削減につながるという。
 
スターバックス コーヒー ジャパンの水口貴文CEOは今回の発表に際し、以下の通りコメントしている。「2020年末までの使い捨てプラスチック製ストロー全廃のグローバルコミットメントを受け、スターバックス コーヒー ジャパンでは、私たちが求める品質に見合う代替品の検討に注力してきました。このたび、2020年末を待たずしてゴールの達成を皆様にお知らせできることをとても嬉しく思うと共に、これからも技術と革新の進化に合わせて、お客様の期待を満たす最高のスターバックス体験を、サステナブルな(持続可能な)方法で提供する機会を創出してまいります」。
 
なお、スターバックスでは、今回の紙製ストロー導入の他にも、マイカップ持参で飲料の価格を20円引きにする「マイカップ・マイタンブラーの推進」や、コーヒー生産者の生活をより良いものにするための「倫理的なコーヒー豆の調達」、コーヒー豆かすを回収して牛の乳酸発酵飼料や野菜を育てるたい肥として再資源化する「豆かすリサイクルループ」、全国の店舗から出る年間約1,000tのミルクパックをトイレットペーパーやペーパーナプキンに再生する「ミルクパックのリサイクル」など、“サステナブルな未来をつくる”ための活動に取り組んでいる。