〈クリスマス期間は「予想を上回る」販売実績〉
日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキンは、12月27日、日本KFCホールディングス公式WEBサイトで、「日本KFC お客さまへのお礼とお知らせ」と題し、2019年クリスマス期間(12月20日~25日の6日間)のケンタッキーフライドチキン店舗売上が、予想を上回る合計71億円(速報値)となったことを報告し、来店者や国内産チキンの提供を支える人に向けた感謝を述べるとともに、年末年始にかけ、店舗によって「オリジナルチキン」が完売する可能性があることを告知した。

以下、告知された内容より抜粋。

「クリスマス期間を含め、年間を通じて大変ご好評いただいている定番商品“オリジナルチキン”は、登録飼育農場で飼育した生後38日前後の特別な国内産の若鶏を使用しているため、年末年始にかけて店舗によっては営業時間内に“オリジナルチキン”が完売してしまう可能性があることをお知らせいたします。お客さまにはご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます」。

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、完売の可能性がある対象商品は「オリジナルチキン」を含むメニュー、対象期間は12月28日から2020年1月7日までとしている。