牛丼チェーン「松屋」は2月11日午前10時から、「牛とじ丼」と「“お肉大盛”牛とじ定食」を全国の店舗で販売開始する(大井競馬場店、西宮名塩SA店、関西学院大学店など一部店舗除く)。

「牛とじ丼」は、熟成チルド牛肉を使用。柔らかく煮た牛肉を特製タレとふわふわの卵でとじた、やさしい味わいが楽しめる商品だという。560円(以下全て税込価格)。店内飲食はみそ汁付き。持ち帰りのみそ汁は別途60円。

「“お肉大盛”牛とじ定食」は、「牛とじ丼」に比べて肉を大盛で提供する。ライス・みそ汁・生野菜付きで690円。なお、持ち帰りのみそ汁は別途60円。

どちらのメニューも「豚汁セット」を用意していて、“あつあつで具だくさん”な豚汁(190円)を、通常価格から90円引きの「100円」で追加注文できる。

なお、「プレミアム牛めし」未販売店舗では、熟成チルド牛肉を使用せず、価格が異なる(牛とじ丼500円、牛とじ丼豚汁セット600円、“お肉大盛”牛とじ定食630円、“お肉大盛”牛とじ定食豚汁セット730円)。