日本ケンタッキー・フライド・チキンは3月4日から、2種類のチキンを選べる「シェアBOX」を全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗で販売開始した。税込1500円。4月7日までの期間限定。

「シェアBOX」は、KFCの人気チキンメニューが入った4種類のボックスから、異なる2種類を組み合わせて選べるメニュー。対象メニューは、「オリジナルチキン4ピース」「カーネルクリスピー6ピース」「骨なしケンタッキー4ピース」「ナゲット15ピース」の4種類。

KFCの「オリジナルチキン」は、国内のKFC登録飼育農場で育てた生後38日前後の若鶏を使用し、KFC独自の認定資格を取得した“チキンスペシャリスト”の管理のもと、細かくルールの決められた約20の工程に沿って、毎日店舗で1ピースずつ手づくり調理している。生のチキンに“カーネル・サンダース秘伝”の11種類のハーブ&スパイスで味付けし、圧力釜を使って圧力をかけながら揚げることで、ふっくらジューシーな、こだわりのおいしさに仕上がるという。

「カーネルクリスピー」は、やわらかい国内産鶏むね肉を店舗でひとつひとつ丁寧にサクサクとした食感に揚げる、にんにくと醤油で味付けした骨なしチキン。

「骨なしケンタッキー」は、国内産鶏むね一枚肉を使用し、「オリジナルチキン」のおいしさと食べごたえはそのままに、その名の通り骨がなく、手軽に食べられるチキン。

「ナゲット」は、やわらかい国内産鶏むね肉を使用し、カーネル秘伝の11ハーブ&スパイスで味付けした、KFCのこだわりが詰まったナゲット。

なお、「シェアBOX」を注文すると、「ビスケット3個」または「ポテト(S)3個」(それぞれ通常3個で690円)を、税込390円で追加できる。

日本ケンタッキー・フライド・チキンは、「普段の食事にも、ご友人などと楽しむのにもぴったりです。選んでシェアして楽しめる“シェアBOX”をぜひご利用ください」としている。