デリバリーピザチェーン「ドミノ・ピザ」を運営するドミノ・ピザ ジャパンは3月6日から、新型コロナウイルス対策の一環として、ドライバー(配達員)による直接の手渡しをしない「あんしん受取サービス」を開始する。

新たに開始する「あんしん受取サービス」は、ドミノ・ピザの公式ウェブサイトから注文した人が利用できるオプションのサービス。オンライン注文フォームの備考欄に「手渡しを希望しません」と記入することで利用できる。

なお、ドミノピザは、スムーズに商品の受け渡しを行うため、注文時のオンライン決済を勧めている。

「あんしん受取サービス」手順は以下の通り。

〈1〉 ドライバー(配達員)が配達先に到着後、玄関先など指定の場所に空箱を配置する。これにより、商品を直接地面に置くことを回避する。

〈2〉 その空箱の上に、袋に入れた商品を置く。

〈3〉 インターホン等で配達を知らせる。ドライバー(配達員)は、玄関など配達先から2m以上離れ、商品の受取りを確認する。

〈4〉 商品の受取りを確認した後、置いた空箱を回収する。

感染リスクを低減するため、ドライバー(配達員)は、商品の配達直前、配達直後の手指消毒を行う。