デリバリーピザチェーン「ピザハット」は3月12日から、配達員(デリバリースタッフ)が手渡しせずにピザが受け取れる、新しいデリバリー形態「ピザ置き渡しサービス」(置きピザ)を開始する。

「置きピザ」は、商品の対面受取を希望しない人のための置き渡しオプションサービス。以前から“デリバリースタッフと直接顔を合わせずに、デリバリーサービスを利用したい”という要望があり、さらに昨今の新型コロナウイルス感染拡大を考慮して、今回提供開始に至ったという。

ピザハット公式サイトおよびアプリでピザを購入する場合のみ利用可能。支払いはキャッシュレス決済に限り、現金は不可。
ピザハット注文アプリ「置きピザ」選択画面

ピザハット注文アプリ「置きピザ」選択画面

注文時に「置きピザ」を選択し、デリバリースタッフが、インターホンまたはドア越しに在宅を確認できれば、直接対面せずに手渡しされることなくピザを受け取ることができる。インターホン越しに、注文内容、グリーンチリソースの有無、ピザの置き場所を確認。その後、注文者の指定した場所に、袋に入った商品が置かれる、という手順。
 
ピザハットは想定利用シーンとして、以下の3点を挙げている。
・受け取る時に人目を気にしたくない
・対面でのコミュニケーションを取りたくない
・子どもだけの在宅時にも、家に他人を入れることなく受け取ることができる
 
なお、デリバリーピザチェーンとしては、「ドミノ・ピザ」も3月6日から、手渡ししない配達サービス、「あんしん受取サービス」を行っている。