〈東京など9店舗で先行販売、5月頃めどに全国へ〉
モスフードサービスが展開するハンバーガーチェーン「モスバーガー」は3月26日から、原材料に動物性食材を使わず、野菜と穀物を主原料に使ったハンバーガー「グリーンバーガー」(税別538円)を、東京・神奈川の計9店舗で先行販売する。消費者の反応や販売状況を分析して、5月頃を目途に全国での販売を目指す予定。

「グリーンバーガー」は、原材料に動物由来の原材料(肉、魚、卵、乳製品など)と、臭いの強い五葷(ごくん)を使用しないハンバーガー。今回新たに開発したパティにトマトベースのソースを合わせ、グリーンリーフや細切りレタス、トマトといった野菜と一緒にグリーンバンズではさんだ。

※五葷(ごくん)=仏教などで食を禁じられている、ねぎ、らっきょう、にら、にんにく、たまねぎ、の5つの野菜のこと

パティは大豆由来の植物性たん白をベースに、こんにゃくやキャベツを加えた、食べ応えのあるオリジナルパティとなっている。ほうれん草ピューレーを練りこんだ緑色のバンズは、ふんわりとした食感とほんのりとした野菜の甘味が感じられる。ニンジンやゴボウで食感を出したトマトのソースは、数種類のハーブを加えることで、奥行きのある味わいに仕上げている。

モスバーガーは「原材料に動物性食材を使わないだけでなくおいしさも追求し、健康志向の方をはじめ、幅広い方にご満足いただける商品です」としている。

モスバーガーはSDGsの取り組みを進めており、今回「グリーンバーガー」を導入することで、17の目標のうち「すべての人に健康と福祉を」「つくる責任 つかう責任」の2つの目標を通じて社会貢献を図るとしている。モスバーガーのチェーンでは、すでに台湾とシンガポールの店舗で、植物由来の代替肉を使用したハンバーガーを発売しており、現地の消費者からも好評を得ているという。

なお、モスバーガーは注意事項として以下の点をあげている。

・「グリーンバーガー」製造工場では動物性食材を含む製品を生産している。
・店舗では、動物性食材と調理機器を共有している。
・一部副原料に野菜・穀物以外の原料を使用している。
・低アレルゲンメニューではない。
・コンタミネーションの詳細は公式サイトなどのアレルギー情報で確認できる。

〈「グリーンバーガー」販売店舗〉
◆東京
・モスバーガー大崎店(10:30以降販売)
・モスバーガー六本木店
・モスバーガー秋葉原末広町店
・モスカフェ表参道店
・モスカフェ西銀座店
・モスカフェ阪急大井町店
・モスカフェ銀座ナイン店(4/1より販売開始)
・モスカフェ羽田空港国際線ターミナルビル店(4/1から「モスカフェ羽田空港第3ターミナル店」に店名変更予定)

◆神奈川
・モスカフェ江ノ島店