スターバックス コーヒー ジャパンは4月4日と5日の土日、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・京都府・兵庫県・福岡県内の店舗を休業する。新型コロナウイルスによる外出自粛要請を受け決定し、3日に発表したもの。

現在、スターバックスの店舗では、座席数を減らす、座席間に一定の間隔を空けるなど、新型コロナウイルスの感染拡大の抑制と予防のための取り組みを行っている。また、4月6日の営業再開以降も、営業時間の変更など新型コロナウイルスへの対策を講じる場合がある。

スターバックス コーヒー ジャパンは、「政府や自治体からの指針や発表などの最新情報に注視し、店舗ロケーションの状況を鑑みながら、皆様に引き続き安心してスターバックスをご利用いただけるよう、積極的な意思決定を続けていくことにしております。そのため、当面の間、店舗により、お客様にご提供するサービスが異なる場合がございますことをご了承ください」としている。

なお、スターバックス コーヒー ジャパンは今回の臨時休業に伴い、未使用のクーポン・特典類について、期限延長などの措置をとる方針だ。