スターバックス コーヒー ジャパンは4月9日から当面の間、緊急事態宣言の対象となった東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県のスターバックス約850店舗(一部除く)を臨時休業する。

政府による新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言と各自治体からの要請などを受け、4月8日に発表したもの。

緊急事態宣言対象外の道府県の店舗は、19時までの短縮営業を行う。これまでも新型ウイルス感染症拡大防止のため、店内配置は座席数を減らし、利用客の座席間に一定のゆとりを持たせる工夫を実施してきたが、今回、より余裕のある配置に変更して営業を継続する。

スターバックス コーヒー ジャパンは、「引き続き、全国のお客様、そしてパートナーの安全を最優先に、店舗ロケーションの状況や、政府や自治体からの指針や発表などの情報に注視し、対策を講じてまいります」としている。