ワタミは5月7日、スーパーマーケットなどを運営する「ロピア」(神奈川県川崎市)と出向基本契約を締結し、休業中のワタミ従業員がロピアの展開する食品スーパーマーケットに出向する、新たな人事交流の取り組みを開始したと発表した。

〈関連記事〉ワタミが臨時休業の対象を全国400店に拡大、「和民」「ミライザカ」「鳥メロ」など
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0414-1002-14.html


〈業界の垣根を越えた人事連携で雇用を確保〉
出向契約は5月4日に締結したもの。ワタミは新型コロナウイルスにより政府が発令した緊急事態宣言を受け、4月13日から国内外食店舗約400店で休業していて、従業員の多くが外出を控え自宅に留まっている。一方、首都圏1都3県に48店舗を展開する「ロピア」は、食品や日用品の需要拡大により客数が増加し、従業員の雇用確保が喫緊の課題だとしている。

そのためワタミとロピアは今回の出向基本契約を締結し、業界の垣根を越えて人事面での交流を図ることで、休職扱いになっているワタミの従業員に働く場所を確保するとともに、雇用を増やしたいというロピアのニーズに応えることとした。

〈外食産業で身につけたスキルを活用〉
ワタミから出向する従業員は、外食店舗での接客や調理といった経験をいかし、食品スーパーマーケット「ロピア」の店内業務にあたる。また、今回の人事交流により外食事業とは異なる経験をし、新たな知見を得て視野が広がることで、出向解除後の自社の業務での相乗効果が生まれることも期待しているという。

ワタミは、「世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大を乗り越えるために業界を越えて連携を図り、現在の雇用状況などの社会課題の解決に努めてまいります」としている。