牛丼チェーン店「すき家」は5月13日、海鮮メニューの新商品「オニオンサーモン丼」を発売した。

すき家は牛丼をはじめカレーやこだわり丼など、バリエーション豊富なメニュー展開で、利用客に「選べる楽しさ」を提供してきた。今回、すき家の海鮮メニューに、初めてサーモンを使用した「オニオンサーモン丼」が登場する。

「オニオンサーモン丼」は、脂がのった厚切りのサーモンに、シャキシャキ食感のスライスオニオンをあわせた商品。まったりとしたマヨネーズにピリっとしたわさびの辛さがほど良く効いた特製わさびマヨソースをかけ、すき家ならではの海鮮丼に仕上げた。

わさび醤油や七味を好みで加えることで、味わいにアクセントが生まれ、2段階の味変を楽しむことができるという。並盛680円、ごはん大盛710円、特盛950円(すべて税込価格)で展開。他の商品と同様、テイクアウト(持ち帰り)が可能。「すき家のWEB弁当」で予約することで、店舗で待たずに商品を受け取れる。

◆「すき家のWEB弁当」
https://www.sukiya.jp/reserve/


なお、すき家は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、政府より発出された緊急事態宣言と、都道府県知事からの要請を受け、対象地域の店舗で20時から翌5時までの夜間、テイクアウト限定営業を実施している。対象地域は、東京都・神奈川県・大阪府・福岡県・兵庫県・愛知県・京都府・岐阜県・群馬県・石川県・広島県・熊本県・茨城県・福島県・長野県・奈良県・滋賀県・富山県・沖縄県・福井県・山形県・静岡県。

テイクアウト限定営業は一部店舗を除いて実施し、対象地域や営業時間は各自治体の要請などに応じて追加・変更する場合がある。また、アルコール類の提供は全国の店舗で全時間帯休止している。