日本ケンタッキー・フライド・チキン(日本KFC)が「カーネルスペシャルパック」の予約受付を開始した9月7日、「KFCネットオーダー」サイトにアクセス集中が発生。閲覧が難しい状況になったことを受け、同社は当初予定を繰り上げて「カーネルスペシャルパック」の予約受付を即日終了した。

「カーネルスペシャルパック」は“カーネル生誕記念企画”で発売した完全予約制のネットオーダー限定商品。

〈関連記事〉KFC 税込1000円「カーネルスペシャルパック」予約受付開始、“カーネル生誕記念企画”でネットオーダー限定・テイクアウト限定発売
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/09/2020-0907-1238-15.html


オリジナルチキン4個、ナゲット5個、ポテトLサイズ1個で、積上価格(単品価格の合計額)は税込1710円のところ税込1000円の格安価格を設定し、これが注目を浴びたことで、「KFCネットオーダー」にはアクセスが殺到。日本KFCは公式Twitterで「ネットオーダーサイトアクセス不具合のお詫び」と題し、つながりにくい場合には時間をあけて再度アクセスを試みるよう申し入れた。しかし、その後も利用者から「アクセスできない」との投稿が相次ぐ中、日本KFCは当初9月10日までを予定していた予約受付期間の早期終了を決定。あらためて、Twitterや公式アプリで通知した。

日本KFCが公式Twitterアカウントで3回に分けて投稿した“お詫び文”は以下の通り。

【お詫び】本日9月7日(月)にKFCネットオーダーにて予約受付を開始した「カーネルスペシャルパック」は、本日予約受付を早期終了させていただく事になりました。時間を空けてとこちらからご案内したにもかかわらず早期終了という形になったこと、沢山のご意見やコメント、DMを頂戴していたにもかかわらずTwitterからお返事、ご報告が遅れてしまい誠に申し訳ございませんでした。楽しみに待ってくださったお客様には残念な思いをさせてしまい重ねてお詫び申し上げます。この状況を真摯に受け止め同じことが起こらないよう再発防止に努め、皆様が快適にサービスをご利用いただけますよう改善してまいります。また、お待たせしてしまった皆さまには何かまずTwitterでできることを考え、早急にご案内できるよう努めたいと思います。誠に申し訳ございませんでした。