大和ハウスグループの株式会社フジタは9月11日、東京都渋谷区神宮前・原宿エリアに、食に特化した商業施設「JINGUMAE COMICHI(じんぐうまえ こみち)」をオープンする。

「JINGUMAE COMICHI」は、東京都渋谷区・原宿駅から徒歩3分の立地に位置する商業施設。1~2階が飲食店、3~5階には企業オフィスが入る。施設を一つの街に見立て、18店舗の飲食店が小径(こみち)を挟んで連なる。

コンセプトは、ニューノーマルに対応した“2つのはしご体験”。1つ目は施設に足を運ぶ“来店はしご”、2つ目は施設から半径約2km以内を配達圏内とした“デリバリーはしご”(10月以降に開始予定)だ。テイクアウトの実施も予定しており、シーンに応じて利用することができる。

フジタの開発担当者は「原宿エリアは竹下通りがあり、若い女性のイメージが強いが、今回のJINGUMAE COMICHIでは“はしご”をして大人も楽しめる施設にした」と語る。

出店する飲食店は、ミシュランガイドで星を獲得した店舗の新業態や、東京初出店の店舗など、多種多様な18店舗が集結。スタンディング形式で気軽に楽しめる店舗から、テーブルでゆっくりと料理を楽しむ店舗までさまざまだ。

1階にある「有機野菜と石垣牛のお店 FROM FARM」は、“ALL NATURAL from FARM”をテーマに会津のGLOBAL G.A.P(農産物の国際基準)の認証を受けた農家の有機野菜を中心に日本全国の野菜や、石垣牛などを提供する。看板メニューは「石垣牛 赤身肉のグリル150g」(税別2,900円)「野菜のグリル アンチョビソース」(税別880円)など。
有機野菜と石垣牛のお店 FROM FARM「石垣牛 赤身肉のグリル150g」

有機野菜と石垣牛のお店 FROM FARM「石垣牛 赤身肉のグリル150g」

 
同じく1階にある「博多やまや 餃子と焼き鳥」は、明太子メーカーやまやが運営する新業態。博多の名物料理である一口餃子や焼き鳥を提供する。ランチでは、やまやの辛子明太子・からし高菜、ごはんがお代わりできる「鶏の唐揚げ明太風味定食」(税込1,000円)、「明太たるたるチキン南蛮定食」(税込1,200円)などを用意している。

博多やまや 餃子と焼き鳥「鶏の唐揚げ明太風味定食」

博多やまや 餃子と焼き鳥「鶏の唐揚げ明太風味定食」

 
2階にある「Sincere BLUE(シンシアブルー)」は、ミシュランガイド東京で一つ星を獲得したフレンチ「シンシア」の新業態。水産資源や環境に配慮したサステナブルシーフードを使ったカジュアルレストラン。看板メニューは、鱸や真鯛をたい焼きのパイで包み、焼き上げた「サステナブルなたい焼き」(単品価格なし、ブッフェ:税別4,980円)。平日の夜と土日はセルフサービスのブッフェ形式を予定していたが、当面の間は感染予防のため、各テーブルに料理を提供する“テーブルブッフェ形式”で提供する。平日のランチでは近隣で働く人が気軽に楽しめるよう、ブイヤベースのラーメン、カレーなどを取り揃える。

Sincere BLUE「サステナブルなたい焼き」

Sincere BLUE「サステナブルなたい焼き」

 
その他、東京初出店の日本茶スタンド「USAGIYA」、老舗居酒屋「大衆酒場ジャンプ」、「もとむのカレーパン」の新業態「MOTOMU'S BY KAPPA」などさまざまなジャンルの飲食店が出店。
 
〈「JINGUMAE COMICHI(じんぐうまえ こみち)」施設概要〉
◆営業時間
11時~23時(店舗によって異なる場合がある)
 
◆住所
東京都渋谷区神宮前一丁目23番26号
 
◆店舗数
18店舗
 
◆フロア構成
1~2階:飲食店
3~5階:企業オフィス