日本上陸35周年を迎えるドミノ・ピザ ジャパンは9月30日から、人気メニュー「クワトロ・ハッピー」Mサイズ(通常デリバリー価格1800円、以下すべて税別)を、持ち帰り限定700円で提供する「クワトロ・ハッピー700円」キャンペーンを実施する。10月11日までの期間限定。

9月29日に「ドミノ・ピザ ジャパン 35周年記念PRイベント」をオンラインで開催した。

「クワトロ・ハッピー700円」キャンペーンは、ドミノ・ピザ ジャパンが1枚で4種の味が楽しめる「クワトロ・ピザ」を1997年に世界で初めて販売したことと、2020年9月に700店舗を達成したことにちなんで行うもの。

創業35周年を記念した特別メニュー「プレミアムシェイク カラフルケーキ」(600円、ホイップ付き650円)も9月14日から販売している。アイスクリームと牛乳のみを使い、店舗で手作りしている本格濃厚シェイクで、カラフルシュガーとダイスカットされたスポンジケーキがトッピングされている。ホイップは付けるか選ぶことができる。11月29日までの期間限定。

〈9月30日を「宅配ピザの日」に制定、Twitter キャンペーンも開催〉
今回ドミノ・ピザ ジャパンは、日本で初めて「宅配ピザ」が始まった9月30日を「宅配ピザの日」に制定した。「宅配ピザの日」制定を記念し、ドミノ・ピザや宅配ピザの思い出をみんなで振り返るTwitterキャンペーンを9月30日から開始する。「#宅配ピザの日」をつけて投稿した人を対象に、「1-4 ハッピーレンジのピザ対象 L サイズ 50%OFF クーポン」をプレゼントするもの。SNSで集まったコメントは、10月7日から10月末まで店舗のデジタルサイネージで掲出する予定。

ドミノ・ピザは、日本で最初の宅配ピザチェーンとして1985年9月30日に創業。以来、3輪スクーターを改造した宅配専用バイクの開発や、1枚で4種の味が楽しめる「クワトロ・ピザ」を世界で初めて販売するなど、宅配ピザの市場を牽引してきた。今年に入ってからは、業界初のデリバリー「最低注文金額撤廃」や、1枚から何枚でも半額になる「お持ち帰り半額」を開始した。また4月からは、エッセンシャルワーカーをはじめとした地域社会を支える人にピザを無償で提供する「Feed the Need(無料ピザで地域支援)」をスタートした。

ドミノ・ピザ ジャパン・執行役員の柿内宏之氏は、「(Feed the Needの取り組みで)これまでに累計60,000枚以上のピザを提供してきた。今後も継続して続ける」としている。