スターバックス コーヒー ジャパンは1月8日12時から、2021年版福袋「スターバックス福袋2021」の追加販売をオンラインで実施する。税込7500円(送料込)。数量限定で、なくなり次第終了。

「スターバックス福袋2021」は、2020年11月16日から11月26日まで抽選受付を実施していたもの。今回は、数量限定で追加の販売を行う形だ。なお、2021年福袋はコロナ禍における“New Normal”に対応するため、オンラインのみで販売し、店頭販売は行っていない。

〈予約記事〉スタバ福袋2021予約開始、トートバッグ・限定タンブラーなど詰め合わせ/スターバックス コーヒー ジャパン

福袋の中身は、「福袋限定ステンレスタンブラー/ボトル」「トートバッグ」「コーヒー豆引換カード」「ドリンクチケット」のほか、スターバックスのコーヒーやオリジナルグッズなど。中身の組み合わせ・総額・商品点数は袋により異なる。

「トートバッグ」は、リサイクルコットンを生地の一部に使用した、綿帆布仕様。側面にはスターバックスのおなじみのロゴをデザインした。スターバックスのロゴは、歌声で船乗りを魅了する逸話を持つ“セイレーン”を由来としていて、現在は、2011年のスターバックス設立40周年から使用している4代目のロゴを使用している。
「スターバックス福袋2021」のトートバッグ(イメージ画像)

「スターバックス福袋2021」のトートバッグ(イメージ画像)

なお、スターバックスは緊急事態宣言や各自治体からの要請を考慮し、1月12日から、東京・埼玉・千葉・神奈川の店舗で20時までの短縮営業を行う。また、同エリア内の酒類を取り扱う店舗では1月8日から、酒類の提供を中止する(スターバックス リザーブ ロースタリー 東京、プリンチ代官山 T-SITE除く)。
 
また、「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」では1月8日から、20時までの短縮営業を行う。
 
◆「スターバックス福袋2021」追加販売特設ページ