ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは4月1日、価格を改定を行い、店内飲食・テイクアウトの価格を統一する。3月10日に発表した。

2021年4月からの総額表示(税込価格表示)義務化に伴い実施するもの。店舗メニュ―などの表記は税込価格に統一。1円単位の支払いをなくすことで、利便性向上も図る。

新価格では看板商品「モスバーガー」などの一部商品を値上げ。「モスバーガー」は現行価格イートイン税込377円・テイクアウト税込370円に対し、ともに税込390円の新価格とする。

モスフードサービスの説明によると、これまで価格の維持に取り組んできたが、コロナ禍の影響を受けコスト増加に直面。商品とサービスの品質維持のため、メニュー価格を変更するという。管理コストや原材料の調達、物流などのさまざまな過程で、できる限りの効率化を進めてきたが、内部努力による吸収のみではまかないきれない状況となった。

一方、「モスチキン」などの一部商品では現行の税込テイクアウト価格を維持し、イートイン価格を値下げ。「モスチキン」の現行価格はイートイン税込275円・テイクアウト税込270円、新価格は税込270円。
モスバーガー おもなメニュ―の改定価格

モスバーガー おもなメニュ―の改定価格

レシートでは軽減税率対象商品を「※」マークで明記。店内飲食・テイクアウト混合決済の場合、それぞれの税額を表示する。
 
なお、3月31日までに購入・発行したチケット・クーポンは、種類により対応が異なる。
 
「コーヒー&紅茶チケット」は、チケットの有効期限まで利用できるが、利用は店内飲食専用とし、販売価格は標準税率(10%)となる。
 
「100円割引券」「朝モス50円割引券」「株主優待券/グルメカード」は4月1日以降も変わらず利用可能。
 
「ポチッとギフト」は、4月1日午前0時に価格表記の更新を行う。値上げになるギフトは、差額の負担なく利用可能。値下げになるギフトは、価格更新せずに、表示価格分使用できる金券表記へ変更される。