株式会社ペッパーフードサービス(東京都墨田区、一瀬邦夫社長CEO)が展開するステーキチェーン「いきなり!ステーキ」は、3月22日から4月30日までの約1か月間、「リブロースステーキ」「サーロインステーキ」「ヒレステーキ」の主力オーダーカットステーキ3種類を10店舗で値下げする。

対象店舗は「渋谷センター街店」「三軒茶屋店」「北千住店」「三鷹東八道路店」「イオンモールむさし村山」(東京都)、「南行徳店」(千葉県)、「大宮西口店」(埼玉県)、「綱島店」「上大岡店」(神奈川県)、「梅田堂山店」(大阪府)。

「リブロースステーキ」は通常1グラム7.59円(以下税込)のところ、6.16円に値下げ。300gの価格では、2,277円から1,848円に、429円の値引きとなる。

「サーロインステーキ」は通常1グラム8.25円のところ、値引き価格は6.60円。300グラムの価格では、2,475円から1,980円に、495円の値引き。

「ヒレステーキ」は通常1グラム9.90円のところ、8.47円。200グラムでは1,980円から1,694円に、286円値引きする。

各商品はテイクアウトも可能。ペッパーフードサービスの説明によると、現在の「いきなり!ステーキ」店舗数は、カニバリゼーション(食い合い)が解消するまで減少しているが、これを“大いなるチャンス”と捉え、「思い切った原点回帰」「値下げ断行のテスト」を実施するという。

「いきなり!ステーキ」では2020年12月1日に全店でメニュー改訂を実施。来店客は「増えている」とする一方、開店以来のヘビーユーザーからの強い要望もあり、今回の値下げテストを実施することを決めたという。テスト結果を参考に、さらに値下げ店舗の拡大を検討する意向だ。