ロッテリアは5月20日、通常サイズの約2杯分という“メガサイズ”の「メガアイスコーヒー」「メガアイスカフェラテ」を、一部店舗を除く全国の店舗で発売する。

販売期間は9月上旬まで。暑い時期を前にした、冷たい大容量コーヒーの提案だ。価格は「メガアイスコーヒー」320円、「メガアイスカフェラテ」350円(以下、店内税込価格。テイクアウトの場合は軽減税率8%)。

〈関連記事〉ロッテリアが「クリームソーダ」出前、ゼラチン入り“とけにくいアイス”使用

「メガアイスコーヒー」は、通常サイズの「アイスコーヒー」(275円)約2杯分のメガサイズ。ロッテリアのアイスコーヒーは、コクが引き立つよう時間をかけて焙煎した深煎り豆を使い、1杯ごとに抽出・瞬間冷却することで、香り高く仕上げているという。

「メガアイスカフェラテ」は、通常サイズの「アイスカフェラテ」(297円)約2杯分。クリーミーなミルクのコクと、挽き立て抽出したアラビカ豆100%の深煎りコーヒーの苦みが“相性抜群”だという。

なお、気象庁が2月24日に発表した「暖候期予報」によると、2021年の夏(6~8月)の平均気温は、北・東・西日本で「高い」確率が40%、「平年並み」が40%。沖縄・奄美では「高い」50%、「平年並み」30%と予報されている。「暖候期予報」は毎月25日頃発表される「3か月予報」を踏まえて変更がある場合は修正されるが、5月17日時点で予報の修正は行われていない。