丼ぶりと京風うどん「なか卯」は7月8日、「うな丼 豪快盛」を発売する。9月中旬までの期間限定予定。テイクアウトも可能。

「うな丼 豪快盛」(税込1650円)は、2020年7月に初登場した、一本分のうなぎをあふれるほど豪快に盛りつけたメニュー。「うなぎを心置きなく食べたい!」という顧客の声に応えて発売したものだという。7月28日「土用の丑の日」にむけ、2021年も再登場する。

【追加メニュー】なか卯「肝焼き付 豪快盛」、うなぎ丸一本の豪快うな丼に“肝”をプラス、「うな重 ひつまぶし風セット」も

うなぎの蒲焼は、じっくりと焼いて蒸し上げた後、特製のこだわりたれで付け焼きを三度繰り返し、香ばしくふっくらとした食感に仕上げたという。脂ののったうなぎの味わいを、なか卯オリジナルの「特製 京風山椒」の風味と一緒に楽しめる。

なか卯では5月13日から「うな重」(850円)、「特うな重」(1250円)、「うなぎご飯」(450円)の販売も行っている。各メニューは9月下旬に販売終了予定。いずれもテイクアウト可能。
なか卯「うな重」「特うな重」「うなぎご飯」

なか卯「うな重」「特うな重」「うなぎご飯」

なお、7月8日には、回転寿司チェーン「スシロー」にも豪快なうなぎメニューが登場する。15枚のうなぎをのせた「うな丼トリプル」(税込1520円)。ごはんよりもうなぎの重量が多いという。
 
〈スシロー〉うなぎ15枚「うな丼トリプル」発売、「10種の海鮮丼」「豪快!大とろ丼」も登場/2021土用の丑の日

スシロー「うな丼トリプル」

スシロー「うな丼トリプル」