アークランドサービスグループのとんかつ専門店「かつや」は7月12日、タイ料理レストラン「マンゴツリー」監修メニュー「鶏ガパオチキンカツ丼」「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」を全国の店舗(一部除く)で発売する。在庫がなくなり次第、販売終了。

「マンゴツリー」は、1994年にタイ・バンコクの中心街スリウォンで創業したレストラン。バンコクの1号店、ロンドンの2号店に続き、2002年には3号店を日本・丸ビルにオープン。その後日本では、「bistro(ビストロ)」「cafe(カフェ)」「kitchen(キッチン)」といった、気分とスタイルで選べる3つのブランドを展開。2020年からアークランドサービスグループの一員となっている。

アークランドサービスグループでは直近、豚汁定食専門店「ごちとん」や、野菜カレー専門店「野菜を食べるカレー camp」でもマンゴツリーとのグループ内コラボレーションを実施しており、今回は、コラボ第3弾として「かつや」でコラボメニューを展開する。

【“かつや”子会社の豪快グリル】「スーパーグリルブラザーズ」1号店オープン、1.5kg超「スーパーグリルコンボ」など提供

「鶏ガパオチキンカツ丼」(税込759円)は、食べ応えのあるチキンカツと、唐辛子の辛さが本格的なタイ料理“鶏ガパオ”を、丼で合い盛りに仕上げている。温泉たまごを割りまぜることで、味の変化も楽しめるという。

通常の「鶏ガパオチキンカツ丼」もかなりのボリュームメニューとなりそうだが、「全力飯。」のキャッチコピーでも知られるかつやには、他の丼チェーンとは一線を画す大盛メニューを期待するファンも多い。かつやとしてはもちろん期待を裏切ることなく、チキンカツ2枚のせのさらなるボリュームメニュー「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」(税込869円)も同時展開する。
かつや マンゴツリー監修「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」

かつや「鶏ガパオダブルチキンカツ丼」

また、テイクアウト用の弁当メニュー「鶏ガパオチキンカツ丼弁当」は税込745円、「鶏ガパオダブルチキンカツ丼弁当」は税込853円で販売する。

かつや「鶏ガパオチキンカツ丼弁当」「鶏ガパオダブルチキンカツ丼弁当」

かつや「鶏ガパオチキンカツ丼弁当」「鶏ガパオダブルチキンカツ丼弁当」