ロッテリアは7月15日、新レギュラーメニュー「クレイジーホットチキンフィレバーガー」(490円、以下店内税込価格)と「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」(462円)を発売する。

【関連記事】ロッテリア「出前クリームソーダ」1都2府9県の75店舗に拡大して期間延長、9月まで

「クレイジーホットチキンフィレバーガー」は2021年5月、「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」は2020年11月に期間限定で発売したハンバーガー。今回はそれぞれ好評を得た両商品について、顧客からの要望に応えてレギュラーメニューとして再登場させるという。販売店舗は、さいたまスーパーアリーナ・八景島シーサイドオアシスFS店・ZOZOマリンスタジアム店を除く全国のロッテリア。

「クレイジーホットチキンフィレバーガー」はレギュラーメニュー「スパイシーホットチキンフィレバーガー」の「シラチャーソース」を約2倍トッピングした“辛味と旨味”の効いたハンバーガー。「シラチャーソース」は唐辛子の辛味にガーリックの旨味、ビネガーの酸味を組み合わせたタイ発祥のチリソース。中にはさんだ90gの食べ応えあるフライドチキンは、お米を配合した飼料で育てた「米どり」の生後3か月未満のチキンフィレ(鶏むね肉)一枚を採用し、ケイジャンスパイスを配合したスパイシーな衣で、中はジューシーで外はカリカリクリスピーに仕上げているという。

「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」も、生後3か月未満の「米どり」のチキンフィレを使った90gのフライドチキンをはさみ、、ピリッとほのかな辛味が特長のロッテリアオリジナル「ハニーマスタードソース」をトッピング。レタス、スライスオニオン、マヨネーズとともに、ふっくらもっちりの小麦の風味豊かなバンズではさんでいる。
ロッテリア「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」

ロッテリア「ハニーマスタードチキンフィレバーガー」

 
なお、7月に入り、ロッテリア以外のファストフードでも、“辛口バーガー”のメニュー提案が相次いでいる。マクドナルドは「スパビー(スパイシービーフバーガー)」、バーガーキングは「ヤラピノホットソースワッパー」をすでに発売。7月14日にはケンタッキーフライドチキンが「ブラックホットサンド」、7月15日にはモスバーガーが「クールスパイストマト」を発売予定だ。