牛丼チェーン「吉野家」は9月3日、全国の店舗で秋季限定メニュー「月見牛とじ丼」(店内602円、テイクアウト591円、以下税込)を発売した。「月見牛とじ御膳」(店内712円、テイクアウト699円)も同時発売。一部、取り扱いのない店舗や価格の異なる店舗がある。

〈関連記事〉吉野家「黒毛和牛重」全国発売、国会議事堂内店舗の限定メニューを“解禁”、特別価格で
吉野家「月見牛とじ御膳」

吉野家「月見牛とじ御膳」

 
2021年の吉野家お月見メニュー「月見牛とじ丼」「月見牛とじ御膳」の月見牛とじは、「牛丼大盛」と同量の牛肉を“吉野家秘伝のたれ”で煮込み、2個分の溶き玉子でふんわりととじ、甘辛い特製すきやきたれをたっぷりと追加。
 
「月見牛とじ丼」はご飯の上に月見牛とじを盛り付け、玉子1個を合わせる。「月見牛とじ御膳」は熱々の鉄鍋で調理された「牛とじ」と、玉子1個・ご飯・みそ汁・お漬物の計5品を御膳仕立てで提供する。両メニューともにテイクアウト可能。テイクアウトの場合、9月30日までの期間は価格に税込11円を上乗せし、卵を半熟で提供する。
 
「月見牛とじ丼」「月見牛とじ御膳」ともに、2021年は“肉2倍盛”が新登場している。“肉2倍盛”の牛肉は「牛丼超特盛」と同量。価格は「月見牛とじ丼」肉2倍盛が店内907円、テイクアウト891円。「月見牛とじ御膳」肉2倍盛が店内1017円、テイクアウト999円。

吉野家「月見牛とじ丼」「月見牛とじ御膳」価格表とメニュー画像

吉野家「月見牛とじ丼」「月見牛とじ御膳」価格表とメニュー画像

 
なお、吉野家の「月見牛とじ御膳」は、牛丼を注文する利用客の3人に1人が玉子を注文するという傾向を受けて開発され、2019年の秋限定商品として初登場。当初は「牛同並盛」相当だった牛肉の量を、翌2020年から「牛丼大盛」と同量に増加している。
 
吉野家は「月見牛とじ丼」「月見牛とじ御膳」の両メニューについて、「吉野家にいながらお月見と食欲の秋両方を満喫することができる商品」だとし、「玉子はのせ方次第で、牛とじが“満月”にも“月夜”にもなります。“満月”に見立てて卵黄のみを牛とじの上にのせて濃い目の味わいを楽しんだり、月の光が空一杯に広がる“月夜”に見立てて牛とじの上に溶いた玉子をのせてマイルドな味わいを楽しんだり」などと提案している。