全国の飲食店約9,400店舗が参加し、来店客に特典を提供する「#外食はチカラになる」プロジェクトが10月14日から始まった。

【関連記事】かつや「全部のせソースカツ丼」発売、ロースカツ・ヒレカツ・メンチカツ・エビフライを盛り付け、特製ソースで“ご飯が進む”

「#外食はチカラになる」プロジェクトは、吉野家ホールディングス(以下HD)代表取締役社長の河村泰貴氏が発起人となって、外食企業だけでなく、ポイントサービス提供企業やペイメント企業も参加する、大規模な外食業界横断企画。飲食店への来店促進を図り、コロナによって甚大な影響を受けた外食業界全体の活性化を目指すもの。参加企業は28社、89ブランド、全国約9,400店舗にのぼる(10月14日時点)。

外食企業では、アークランドサービスHD、大戸屋HD、幸楽苑HD、コロワイド、串カツ田中HD、セブン&アイ・フードシステムズ、鳥貴族HD、松屋フーズHD、物語コーポレーション、吉野家HD、リンガーハット、ロイヤルHD、ワンダーテーブルなど。特典は企業やブランドによって異なり、値引き・割引のほか、さまざまなサービスを用意している。
外食企業の特典一覧/「#外食はチカラになる」プロジェクト

外食企業の特典一覧/「#外食はチカラになる」プロジェクト

外食企業の特典一覧/「#外食はチカラになる」プロジェクト

一方、外食サポート企業は、ぐるなび、Tポイント・ジャパン、NTTドコモ(d払い)、PayPay、楽天ペイメント(楽天ポイントカード/楽天ペイアプリ/楽天EDY)が参加している。WEBサイト「ぐるなび」では、同プロジェクトに参加する全国の店舗情報を掲載。そのほかポイントサービス提供企業では、ポイント還元キャンペーンや、抽選でポイントが当たるキャンペーンなどを実施する予定。

外食サポート企業の特典一覧/「#外食はチカラになる」プロジェクト

外食サポート企業の特典一覧/「#外食はチカラになる」プロジェクト

なお、「#外食はチカラになる」プロジェクトへは、参加条件を満たす飲食店であれば、特設サイトから参加登録を行うことができる。プロジェクトのロゴは、サイトからダウンロード・編集し、店舗での掲示などに使うことができる。
 
参加条件は、〈1〉食品衛生法に基づく「飲食店営業」又は「喫茶店営業」の許可を得ている。〈2〉 農林水産省や各自治体に指示された感染症対策を実施しているーーこと。なお、飲食店であっても風営法に規定される「接待飲食等営業」や「特定遊興飲食店営業」の許可を得て営業中の店舗は対象外となる。
 
10月14日の発表会で発起人の吉野家HD河村社長は、「当初は秋に向けて自社での販促キャンペーンを検討していました。ですが今必要とされているのは、外食業界全体が盛り上がっていくような企画なのではと考えました」とプロジェクト発足の経緯を語った。7月から各企業に声をかけ、プロジェクト開始のタイミングは、感染者数の状況などを見ながら慎重に判断したという。

吉野家HD河村社長(「#外食はチカラになる」プロジェクト発表会)

吉野家HD河村社長(「#外食はチカラになる」プロジェクト発表会)

「あくまで本日はキックオフ。地元に根ざした飲食店など、今後より多くの店舗・企業様が参加できる仕組みにしていきたい」と意気込みを語った。

◆「#外食はチカラになる」特設サイト

参加企業の代表者/「#外食はチカラになる」プロジェクト

参加企業の代表者/「#外食はチカラになる」プロジェクト発表会