日本ケンタッキー・フライド・チキンは11月1日、全国の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」店舗で、「1000円パック」「1500円パック」を発売する。11月23日までの期間限定。一部取り扱わない店舗がある。

【関連記事】KFC「スパイシータコスツイスター」発売、スパイス8種&ハラペーニョで本格ピリ辛、“ランチ価格”のセットも/ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキンでは、日本国内1号店「名西店」(名古屋市西区)が1970年11月21日にオープンしたことにちなみ、11月21日を「フライドチキンの日」としている。今回の「1000円パック」「1500円パック」は、「フライドチキンの日」を記念して販売する商品。

「1000円パック」は「オリジナルチキン」5ピースを詰め込んだ特別価格のパック。通常は税込1230円のオリジナルチキン5ピースを、230円値引いた“税込1000円”で販売する。
ケンタッキーフライドチキン「1000円パック」

ケンタッキーフライドチキン「1000円パック」

「1500円パック」は、オリジナルチキン5ピースに「ポテトBOX」(通常税込650円)をセットにした商品。通常価格1880円のところ、380円値引いた“税込1500円”で提供する。

ケンタッキーフライドチキン「1500円パック」

ケンタッキーフライドチキン「1500円パック」

「1000円パック」「1500円パック」のいずれかを注文した場合、「ポテト(S)」2個または「ビスケット」2個を各300円で追加購入可能(通常価格は460円)。購入数の制限は設けられていない。
 
今回の商品「1000円パック」に割引価格の「ポテト(S)」2個を追加した場合は1300円。「ポテト(S)」4個を追加した場合は1600円となり、「1500円パック」の価格を超える。
 
KFC公式サイトに記載されている重量を単純比較すると、「ポテトBOX」(372g)は「ポテト(S)」(80g)の“4.65個分”。重量ベースで考えると、「1000円パック」に「ポテト(S)」4個を追加するより、「1500円パック」の方がお得な設定のようだ。