コロワイドグループの大戸屋は12月20日、2022年向け福袋「まんぷく袋」の情報を公開した。販売期間は12月27日から1月7日まで。

【関連記事】くら寿司“選べる福袋”「ケーキセット」「うなぎ+マグロ」ネット通販、2022年おせち予約販売も展開

定食チェーン「大戸屋ごはん処」店舗で販売する。数量限定で、なくなり次第終了。店舗により予約が可能な場合や、販売状況・取り扱いの有無が異なる場合がある。

大戸屋「まんぷく袋」は、“大戸屋史上最大級のお得が詰まった”商品。米袋のような紙袋に、「有機丸大豆の吟選しょうゆ」や、「もちもち五穀ご飯」や「ごまめしお」「しそひじき」などの大戸屋の味を家庭でも楽しめる「おうちで大戸屋」シリーズのオリジナル商品、大戸屋全店舗で使用できる冊子クーポン「満ぷくーぽん」などを入れたセット。税込4000円の「まんぷく袋 特盛」と、税込2000円の「まんぷく袋 大盛」を展開する。

「まんぷく袋 特盛」は税込4000円。4710円相当の大戸屋オリジナル商品と「満ぷくーぽん」2冊を入れた、“最大4200円分お得”な福袋。

「まんぷく袋 特盛」は税込2000円。2270円相当の大戸屋オリジナル商品と「満ぷくーぽん」1冊を入れた、“最大2100円分お得”な福袋。

【関連記事】KFC“ケンタ福袋2022”、トートバッグにチキン&サンド引換券2870円分、お年玉クーポンパスで販売額2500円/ケンタッキーフライドチキン
大戸屋「まんぷく袋」イメージ

大戸屋「まんぷく袋」イメージ

大戸屋では「まんぷく袋」と同じく12月27日から、大戸屋初の「デジタルお食事券」も販売開始する。
 
大戸屋公式HP・大戸屋店内のQRコードから購入可能。販売期間は12月27日11時から2022年1月31日23時59分まで。
 
「2000円デジタルお食事券」は、1000円×2枚+500円×1枚で税込2500円相当。「4000円デジタルお食事券」は、1000円×4枚+500円×2枚で税込5000円相当。「6000円デジタルお食事券」は、1000円×6枚+500円×3枚で7500円相当。
 
なお、大戸屋は「人々の心と体の健康を促進し、フードサービス業を通じ人類の生成発展に貢献する」を経営理念として掲げる。2021年中には、グランドメニューの改定を通じた待ち時間の削減、惣菜小売業態「大戸屋 おかず処」のデパ地下初出店などの施策を展開した。