日本マクドナルドは12月24日から30日まで、セットメニューを含めた「マックフライポテト」の販売をSサイズのみにする。12月21日に発表した。対象は全国の「マクドナルド」約2900店舗。31日の午前10時30分から販売再開を予定する。

【マクドナルドのXmas2021】チキンマックナゲット30ピースが35%オフ750円、限定ソース「ロブスター&トマトクリーム」「コク旨ステーキソース」も

販売を休止するメニューは、「マックフライポテト」のM・Lサイズ、「バリューセット」と「バリューランチ」のサイドメニューのポテト、夜マックの「ポテナゲ大」と「ポテナゲ特大」。

「バリューセット」と「バリューランチ」でポテトを頼むとSサイズでの提供かつ50円引きとなる。「マックフライポテト」M・Lサイズを含むセット商品のデリバリーについては休止。朝マック時間帯の「ハッシュポテト」は通常販売。
マクドナルド「マックフライポテト」販売休止概要(2021年12月24日~12月30日予定)

マクドナルド「マックフライポテト」販売休止概要(2021年12月24日~12月30日予定)

 
日本マクドナルドが北米から輸入しているポテトについて、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模な水害や、世界的な物流網への影響で、輸入遅延が発生。今回の措置となった。
 
新型コロナウイルスの世界的なまん延で、海上輸送は世界的に混乱しており、商品が届きにくい状態にある。港湾作業員の不足によるコンテナ処理能力の低下や、コンテナ不足などの複数の要因が重なっており、改善の見通しは立っていない。確保できた商品量が平時の半分ほどまで落ち込んだメーカーも出ている。