スターバックス コーヒー ジャパンは3月16日、コーヒー牛乳とフルーツ牛乳をイメージしたドリンク「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」を発売する。

一部を除く全国のスターバックス店舗で取り扱う。販売期間は4月12日までだが、なくなり次第終了。

【3月15日まで】スタバ“SAKURAシリーズ2022”第2弾「さくらカシス ストロベリー白玉フラペチーノ」発売、“幻想的な夜桜”イメージ/スターバックス

コーヒーをテーマに、“新しくて、ちょっと懐かしい!?”と感じるようなドリンクとして展開するもの。日本で長く愛されている牛乳瓶に入ったコーヒー牛乳とフルーツ牛乳に着目し、新感覚の“NEWなコーヒーGYU-NEW”として打ち出す。

「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」は、バニラ風味のコーヒーとミルク、ホイップクリームをあわせた“コーヒームース”が特徴。フレッシュクリームとホワイトモカフレーバーシロップをいれた上に、バニラフレーバーシロップ、コールドブリューコーヒー、ミルクを合わせた甘みのあるミルクコーヒーを加えた。トッピングには、ふわふわ食感のコーヒームースをのせ、ココアパウダーをかけている。

コーヒームースのふわふわ食感、クリームやシロップのとろり食感、コールドブリューコーヒーのすっきりとした味わいを楽しめるという。なお、一部店舗では「コールドブリュー コーヒー」ではなく「アイス コーヒー」を使用する。持ち帰りShort 501円(以下税込)、Tall 540円、Grande 579円、Venti 618円。店内Short 510円、Tall 550円、Grande 590円、Venti 630円。

「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」は、マンゴー・バナナ・白桃・オレンジ・温州みかん・パイナップル・りんごの味わいが詰まった“フルーツミックスジュースベース”に、ミルクと氷をあわせたドリンク。トッピングのホイップクリームには、マンゴー・白桃・オレンジ・パイナップル・アプリコットを使った“甘酸っぱいフルーツポンチ果肉ソース”をかけ、チェリーをのせている。レトロでどこか懐かしい雰囲気をまといながらも、フルーツの果実感のある味わいだという。持ち帰りTall 638円、店内Tall 650円。

スターバックスは3月16日の発売に先立ち、3月8日からYouTubeの公式チャンネルなどで、「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」のPR動画を公開している。公開期間は4月12日まで。

【3月15日まで】スタバ“SAKURAシリーズ2022”生八ッ橋トッピング「さくらストロベリー白玉フラペチーノ」、“満開のさくらの木”を描いた「さくら咲いたミルクラテ」/スターバックス
「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」PR動画の画像

「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」PR動画の画像

〈オンラインストアでは“GYU-NEW瓶”とコーヒーのセットを販売〉
また、スターバックスは「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」と「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」発売同日の3月16日、オリジナルの“GYU-NEW瓶”とスティックタイプのインスタントコーヒーをセットにした「コーヒーGYU-NEW瓶 & スターバックスヴィア アソート6本入り」(ブルー・ピンク 各2300円)をオンラインストアで発売する。数量限定で、なくなり次第終了。

スターバックス「コーヒーGYU-NEW瓶 & スターバックスヴィア アソート6本入り」

スターバックス「コーヒーGYU-NEW瓶 & スターバックスヴィア アソート6本入り」

GYU-NEW瓶に、「スターバックス ヴィア コーヒーエッセンス」とミルクを入れることで、自宅でもコーヒーGYU-NEWを楽しめるというもの。アソートの内容は、「スターバックスヴィア イタリアンロースト」3本と、「スターバックス ヴィア ディカフェ ハウス ブレンド」3本。スターバックスのロゴが入った“GYU-NEW瓶”は、ピンクと白のシリコンキャップが付いた、POPでレトロな2種類のデザインから選べる。
 
◆「ふわふわ ムース コーヒー GYU‐NEW」「フルーツGYU‐NEW フラペチーノ」のPR動画(公開期間4月12日まで)