スターバックス コーヒー ジャパンは5月11日、「スターバックスストロベリーフラペチーノ」を発売する。さらに5月20日には、チョコレートチップとソースを使った「スターバックスストロベリーフラペチーノチョコレートver.」を発売する。

【5月31日まで】スタバのサマーシーズン2022「バナナナバナナフラペチーノ」「チョコバナナナバナナフラペチーノ」発売、完熟バナナをイメージ/スターバックス

一部を除く全国のスターバックス店舗で取り扱う。販売期間は「スターバックスストロベリーフラペチーノ」が8月2日まで、「チョコレートver.」が5月31日まで。各商品ともになくなり次第終了。

「スターバックスストロベリーフラペチーノ」は、2021年に引き続き販売するもの。甘酸っぱさと果実感が特徴のスターバックスオリジナルのストロベリーソースに、ミルク感、滑らかなホイップクリームのコクが混ざり合ったドリンク。マーブル状で華やかな見た目に仕上げている。Tallサイズのみ。テイクアウト(持ち帰り)648円(以下税込)、店内660円。

「スターバックスストロベリーフラペチーノチョコレートver.」は、「スターバックスストロベリーフラペチーノ」を“チョコレートチップ”と“チョコレートソース”でカスタマイズしたもの。Tallサイズのみ。テイクアウト702円、店内715円。

【関連記事】スタバ2022年サマーシーズンフード「バナナのフラワーケーキ」「バナナクリームドーナツ」など9種類発売
「スターバックスストロベリーフラペチーノチョコレートver.」

「スターバックスストロベリーフラペチーノチョコレートver.」

なお、ストロベリーテイストのフラペチーノは、2003年にイギリスのスターバックスのバリスタによって、「ストロベリークリームフラペチーノ」が開発されて以来、期間限定フレーバーとして過去に何度も販売してきた。