ゼンショーグループが展開する丼ぶりと京風うどんの「なか卯」は5月12日、うなぎメニュー5品を発売した。

【関連記事】はま寿司「大切り&でかねた祭り」炙りのどぐろ・焼津産びんちょう・つぶ貝など大切りで、大粒ほたてや特盛り釜揚げ小えびつつみも

「なか卯」では例年、期間限定でうなぎメニューを展開している。2022年は親子丼とうなぎを同時に味わえる豪華な「うなぎ親子」や、うなぎと相性の良いとろろをあわせた「うなとろ重」、かつおや昆布、いりこなどを使った旨みたっぷりの京風だしと薬味がセットになった「なか卯のひつまぶし」も登場し、定番の「うな重」や「特うな重」だけでなく、うなぎをさまざまなバリエーションで楽しめる。
2022年“なか卯のうな重”

2022年“なか卯のうな重”

 
2022年夏のうなぎメニューは「うな重」880円、「特うな重」1380円、「うなぎ親子」1260円、「うなとろ重」1030円、「なか卯のひつまぶし」1000円(価格は全て税込)。「なか卯のひつまぶし」を除く4品はテイクアウト(持ち帰り)用の弁当としても販売する。9月下旬までの期間限定販売。一部店舗を除く「なか卯」462店で取り扱う。

なか卯「うなぎ親子」

なか卯「うなぎ親子」

なか卯「うなとろ重」

なか卯「うなとろ重」

「なか卯のひつまぶし」

「なか卯のひつまぶし」

 
各メニューのうなぎは、じっくりと焼いて蒸しあげた後、たれにつけて焼く工程を三度繰り返し、香ばしくふっくらとした食感に仕上げているという。コクのある“こだわり卵”を使った錦糸卵を添えており、なか卯では「こだわり卵を使った錦糸卵と 一緒に、脂がのったジューシーな味わいを贅沢にお楽しみください」としている。別添えのなか卯オリジナル「特製 京風山椒」をかければ、ピリッとした辛さとさわやかな風味が広がり、うなぎの旨みがより引き立つ。
 
なお、なか卯の「親子丼」は“厳選した鶏肉”と“こだわり卵”を使用し、「秘伝のタレ」で作る、「味の輪郭がはっきりした商品」。手鍋を使ってお店で一つずつ手作りしており、“フワフワのとろりとした卵の食感”が楽しめる。専門店にも負けない自信のある、なか卯自慢の一品だという。
 
◆「なか卯」うなぎメニュー一覧