ロイヤルグループのロイヤルフードサービスが展開するファミリーレストラン「ロイヤルホスト」は7月13日、商品価格の改定を実施する(一部店舗は6月29日実施)。値上げ対象はグランドメニュー全72品中8品(ドリンク・セットを除く品数)、テイクアウト全31品中7品。

【関連記事】天丼てんや値上げ、「天丼」「天ぷら定食」「天ぷらそば(うどん)」各30円、「野菜天丼」10円など、6月16日価格改定

値上げ対象は「250g グランスタ― 黒×黒ハンバーグ」「190gレギュラー 黒×黒ハンバーグ」シリーズなどのグリルメニュー8品と、テイクアウト向け「黒×黒ハンバーグ190g 洋食重」「黒×黒ハンバーグ190g ライス付」シリーズと「【Bセット】サラダ・洋食セット」計7品、「「ドリンクバー」単品、「ドリンクセットまたはドリンクバーセット」。

「250g グランスタ― 黒×黒ハンバーグ」「190gレギュラー 黒×黒ハンバーグ」などのグリルメニュー8品は税込110円の値上げ。値上率は5~8%となる。

テイクアウト向けメニュー7品は各税込108円の値上げ。「黒×黒ハンバーグ190g 洋食重」「黒×黒ハンバーグ190g ライス付」シリーズの値上げ率は6~7%。2人前メニュー「【Bセット】サラダ・洋食セット」の値上げ率は2%。
ロイヤルホスト 7月13日価格改定商品一覧(店内)

ロイヤルホスト 7月13日価格改定商品一覧(店内)

ロイヤルホスト 7月13日価格改定商品一覧(テイクアウト)

ロイヤルホスト 7月13日価格改定商品一覧(テイクアウト)

 
ロイヤルホールディングスによると、昨今の情勢は、世界的な食料需要の拡大や円安に伴う食材価格の上昇、地政学リスク等の高まりよる原油価格高騰や、それに伴う物流費・包装材資材価格の上昇、並びに労働需給の逼迫に起因した人件費の上昇など、大きく変化している。
 
そのような状況下、ロイヤルホールディングスではこれまで、さまざまな工夫により商品価格の維持に努めてきたが、顧客、取引先、従業員、社会や地域など「あらゆるステークホルダーを大切にしながら事業を展開し、従来以上の商品とサービスを提供するため」、変化への対応が必要と考え、価格改定の実施を決めたという。
 
ロイヤルグループでは「天丼てんや」も、「天丼」「天ぷら定食」「天ぷらそば(うどん)」など、メニュー全34品中の14品を対象に6月16日から値上げを行う。