ハンバーガーチェーン「バーガーキング」は5月20日、新商品「ウエスタン スモーキーワッパー」を発売する。

【関連記事】バーガーキング「だいたいポテトセット」発売、じゃがいも危機をベビースターで解決、“大体ポテトの代替セット”

「スモーキーワッパー」シリーズ第2弾商品。単品税込790円、セット税込1090円。お手頃サイズの「ウエスタンスモーキーワッパー Jr.」は単品税込490円、セット税込790円。

「ウエスタン スモーキーワッパー」は、新開発した特製「スモーキーランチソース」に加え、BBQの本場アメリカで生まれた“コク深く渋みのあるスモーキーなおいしさ”が特徴の「ブルズアイBBQソース」を使用。直火焼きの100%ビーフパティや、カリッと食感のオニオンリング、レタス、トマト、ピクルスと合わせ、トーストしたセサミバンズでサンドしている。
バーガーキング「ウエスタン スモーキーワッパー」イメージ画像

バーガーキング「ウエスタン スモーキーワッパー」イメージ画像

バーガーキングによると“ランチソース”はアメリカで不動の人気を誇る定番のソースで、サラダやステーキ、チキンウィング、ポテトチップスなどのソースとして、各家庭や飲食店で長く愛されているという。
 
今回「ウエスタン スモーキーワッパー」に使用する特製「スモーキーランチソース」は、バターミルクのコクとレモンの爽やかな酸味が特徴のソース。バターミルク・サワークリーム・マヨネーズをベースに、ハーブやにんにく、オニオンなどを使用している。燻製にも使用されるヒッコリー由来のスモーキーな香りが、直火焼きの100%ビーフパティやオニオンリング、フレッシュな野菜との相性が良い、今回の「ウエスタン スモーキーワッパー」のために新開発した“本格ソース”だ。

バーガーキング「ウエスタンスモーキーワッパー Jr.」

バーガーキング「ウエスタンスモーキーワッパー Jr.」

「ウエスタン スモーキーワッパー」を「バーガーキング」公式アプリの「ピックアップ注文」で購入すると、スタンプが通常1つのところ、2つたまるキャンペーンも実施する。アプリの「ピックアップ注文」は、レジに並ばずスマホでオーダーできるシステム。クーポンを使用せずに対象商品を購入するごとにスタンプが1つたまり、5つスタンプをためると、サイドメニューやデザートの無料クーポンと交換できる。
 
販売は全国の店舗で期間限定で行う。ただし、「バーガーキング 東京競馬場店」(東京都府中市)では取り扱わない。
 
なお、バーガーキングでは5月16日から、キングバリューセットのサイドメニュー「フレンチフライ」を、おやつカンパニー「ベビースタードデカイラーメン チキン味」に無料で変更できる、「DAITAI POTATO SET(だいたいポテトセット)」を販売している。北米の水害やコロナ禍による物流困難を要因とする、ポテト不足を受けて開始した企画。
 
「キングバリュー」セットは、バーガーとフレンチフライ(M)・ドリンク(M)を税込550円~650円で注文できるセットメニュー。選択できるバーガーは「ワッパー Jr.」全9種で、「スモーキーワッパー」シリーズ第1弾商品「スモーキーBBQワッパー Jr.」(キングバリュー税込600円)も含まれている。

バーガーキング「DAITAI POTATO SET(だいたいポテトセット)」イメージ

バーガーキング「DAITAI POTATO SET(だいたいポテトセット)」イメージ