GENDA GiGO Entertainment(ジェンダ ギーゴ エンタテインメント)は7月30日、「GiGOのたい焼き」店舗で、人気キャラクター「ちいかわ」キャラクターをデザインしたスイーツ「ちいかわ焼き」を発売する。9月25日までの期間限定販売。

【関連記事】ちいかわ×ラーメン丸「なんか小さくてまるい たこやき味」発表、ベビースターコラボ第2弾、タコの着ぐるみハチワレ・ちいかわデザイン/おやつカンパニー

「ちいかわ」は、イラストレーター・ナガノ氏によるキャラクターで、「なんか小さくてかわいいやつ」の略。2020年からTwitterで漫画連載が開始。主人公「ちいかわ」や、友人の「ハチワレ」「うさぎ」といったキャラクターの愛らしさと、それに相反するかのような不穏さをうかがわせるダークな世界観が話題となっている。2022年4月からは、フジテレビ「めざましテレビ」内でアニメ作品が放送開始。アニメは7時40分頃から番組内でTV放送され、YouTube・TVerなどで1週間の見逃し配信も実施されている。

今回発売する「ちいかわ焼き」の中身は、プレミアムクリーム味とチョコレート味の2種類。販売店舗は「GiGOのたい焼き」池袋店・秋葉原店。デザインは全2種類。1種類目は、オモテ面が笑顔のちいかわでウラ面がハチワレのデザイン。2種類目は、オモテ面が焦った顔のちいかわでウラ面がうさぎのデザイン。各税込600円。
GiGOのたい焼き「ちいかわ焼き」デザインイメージ(2種類)

GiGOのたい焼き「ちいかわ焼き」デザインイメージ(2種類)

購入者にはちいかわ「オリジナル缶バッジ」第3弾を先着順にプレゼントする。缶バッジは全6種類。「ちいかわ焼き」1個購入につきランダムで1個を渡す。ラインナップは、ちいかわ・ハチワレ・うさぎ・モモンガ・オデと、ちいかわ&ハチワレ&うさぎ。サイズは直径57mm。数量限定で、なくなり次第、配布終了する。

GiGOのたい焼き「ちいかわ焼き」缶バッジイメージ(6種類)

GiGOのたい焼き「ちいかわ焼き」缶バッジイメージ(6種類)

なお、GENDA GiGO Entertainmentは、株式会社GENDAの完全子会社。セガグループのゲームセンター運営子会社「セガ エンタテインメント社」の株式が2020年にGENDAへ譲渡されたことで、「GENDA SEGA Entertainment」に商号を変更。2022年にはGENDAの完全子会社となると同時に、商号を現在の「GENDA GiGO Entertainment」に変更している。池袋・秋葉原のゲームセンターに併設展開されていた「セガのたい焼き」は「GiGOのたい焼き」に店名を変更し、現在「池袋店」は東京都豊島区東池袋1-1-4で運営、「秋葉原」は商号変更前と同住所(東京都千代田区外神田1-10-1)で運営している。