加藤産業は今年、創立70周年の節目を迎える。次の成長に向けての変革の年と位置付ける。今期の重点取り組みとして、グループ経営の強化、営業のプロ集団へ、物流の現場力強化--の3つのテーマを掲げた。 グループ経営の強化では、グループ本社体制の構築、収益基盤の確立、海外グループ会社の連携強化を図る。それにより、連結15社、持ち分法9社の連携とシナジー創出を図る。物流の現場力強化では、「現場に落ちている課題を拾って解決する仕組みを組織的にできれば、大きなチャンスになる」とし、現場力を高め、生産性向上につなげる。 --続きは本紙でお読みいただけます。