衛生用品メーカーのサラヤは、衛生管理に係る食品工場支援から一歩踏み込み、最新の凍結・解凍・冷蔵技術を用いたコールドチェーン支援事業に参入する。東京海洋大の鈴木徹教授(=写真左)と提携して、凍結、保管、解凍に係る技術的なコンサルティングを行うほか、商品開発やビジネスマッチングを支援して、地方の中小工場から新しい価値を生み出していきたい考えだ。 --続きは本紙で。