ニチレイは10月31日、18年3月期第2四半期連結決算を大谷邦夫社長が記者会見し発表した。

全体業績は昨報の通り、売上高は前期比4.7%増2,827億9,900万円、利益面は営業利益1.2%増162億5,400万円、経常利益3.3%増164億3,400万円と営業・経常増益だった。一方、加工食品事業の生産ライン再編に向けた設備の除却を実施したことなどから、四半期純利益は4.0%減101億7,900万円。

加工食品事業は、チキン加工品や米飯類など主力カテゴリーを中心とした商品開発や販売活動を強化、家庭用・業務用ともに拡大、海外事業の売上げも貢献し、売上高は10.0%増1,138億6,200万円。「営業利益は増収効果や生産効率向上、各商品が堅調に推移したが、原材料・仕入コストの上昇に加え、前期は下期に集中投下した広告宣伝費を今期は上期から投下したこと等で3.8%減85億3,000万円。上期の営業利益率は7.5%」。

加工食品事業のうち、家庭用調理冷食はTVCMや消費者キャンペーンなどの販売活動もあり、「特から」や「焼おにぎり」などの主力商品が好調で売上げは7.7%増272億5,100万円。業務用調理冷食は中食市場向け商品開発や業態別ニーズに合わせた販売活動に注力、チキン加工品や新商品の和惣菜「とうもろこしの香ばし揚げ」などが好調で、16.3%増508億9,300万円。農産加工品は加工方法や品種選定などによる差別化商品の開発を継続、ブロッコリーやナスなど「そのまま使えるシリーズ」の取り扱いが伸長したが、枝豆類が低調で0.9%減97億7,800万円。海外は米国イノバジアン社のアジアンフーズ市場向け冷食の取り扱いが伸長し4.2%増159億3,400万円。その他は7.5%増100億400万円。

〈冷食日報2017年11月2日付より〉