ニチレイが5月12日に発表した2020年3月期連結決算は、売上高が5,848億5,800万円で前期比0.8%増、利益面では営業利益が310億3,500万円で5.2%増となるなど堅調な着地となった。売上高は主力の加工食品事業と低温物流事業がともにけん引し、利益面では調理冷凍食品の販売が好調だった加工食品事業が2桁営業増益となり、けん引した。

〈冷食日報2020年5月13日付〉