イートアンドは10月1日付で、持株会社体制へと移行し「株式会社イートアンドホールディングス」に商号変更した。2019年に創業50周年を迎え、新しい一歩を踏み出すため、経営判断の迅速化を図り、市場環境の変化へより柔軟に対応できる体制へと移行する。また、これに伴い食品事業は事業会社の「株式会社イートアンドフーズ」が担うことになる。

持株会社体制に移行する目的として
〈1〉グループ経営と個々の事業経営の権限と責任の明確化による意思決定の迅速化
〈2〉グループ経営戦略機能の強化
〈3〉企業風土および事業内容に合った制度への移行
――の3つを挙げる。

〈1〉では、グループ経営を行う組織と個々の事業推進を行う組織を分離することで双方の権限と責任を明確化するとともに、各事業推進における意思決定を迅速に行える体制を整え、独立採算により事業状況を透明化しつつ、スピード感をもって時代の変化に柔軟に対応できる事業競争力の強化を図るとしている。

〈2〉では、持株会社は同社グループ全体のマネジメントに集中し、M&Aを含む事業の拡大に向けたグループ経営戦略を立案し、経営資源の最適な配分および効率的活用により、グループ全体の企業価値の最大化を図るとともに、新たなビジネスにも取り組むという。

〈3〉では、多様化する事業展開の中で各社の企業風土・事業内容に適合した人事労務制度を個別に導入し、発展させていくことで人的資源の強化と従業員のモチベーション向上を図るとしている。

コーポレートロゴも変更。そのデザインに込めた想いについては「本来の位置から一段上がる“&”の文字は、“+&”の考え方そのものを体現し、それが食文化を牽引するパワーであることを動的に表現しています。創意・熱意にあふれた人間力を感じさせる濃いオレンジと、食のプロ集団としてのニュートラルな印象の青みがかったグレーを用いました」としている。
新しくなった「イートアンドホールディングス」コーポレートロゴ

新しくなった「イートアンドホールディングス」コーポレートロゴ

コーポレートスローガンは従来の“おなかいっぱいの幸せを”の末尾を変え、「おなかいっぱいの幸せと。」に変更。「と。」=「+&」を個々が考え、食文化の創造を通して、社会的課題の解決に取り組むという。おなかいっぱいになるだけでなく、食べることから「人生の彩り」「健やかな笑顔」を生み出したいという想いを表している。
 
イートアンドホールディングスは、「おなかいっぱいの幸せと、健やかな毎日を笑顔で楽しめる社会。おなかいっぱいの幸せと、正しい食の教育によって、次の世代が活躍できる社会。おなかいっぱいの幸せと、多様性を受け入れ、可能性を広げる社会。おなかいっぱいの幸せと、働き手の環境が公平で、日常生活の質が高い社会。おなかいっぱいの幸せと、それを持続可能にする社会。そんな社会を実現するための“+&”を、これからも生み出し続けます」としている。
 
〈株式会社イートアンドホールディングスの概要〉
▽商号:株式会社イートアンドホールディングス
▽事業内容:グループ経営に関する事業等
▽東京ヘッドオフィス:東京都品川区東品川4丁目12番8号 品川シーサイドイーストタワー15階
▽資本金:20億1,637万円
▽決算期:2月末日
 
〈株式会社イートアンドホールディングス役員〉
▽代表取締役会長CEO 文野直樹
▽取締役社長COO 仲田浩康
▽取締役 植月剛
▽取締役 山本浩
▽取締役執行役員 加藤達也
▽取締役監査等委員 椎木孝
▽取締役監査等委員(社外)錦見光弘
▽取締役監査等委員(社外)池田佳史