〈朝市で買い物をしているような鮮度感 さらなる店舗展開も視野〉
凍結機器の製造などを行うテクニカン(横浜市都筑区)は2月5日、冷凍食品専門店「TOMIN FROZEN(トーミン・フローズン)」を横浜・仲町台にオープンした。

テクニカンで手掛けている機器「凍眠(とうみん)」を一般の消費者に知ってもらうとともに、冷凍品へのイメージを覆したく開いたという。将来的には次の店舗展開も視野に入れており、同店で冷凍へのイメージがどう変化するか、期待がかかる。

店舗は、横浜市営地下鉄ブルーラインの仲町台駅から徒歩2分ほど。静かな住宅エリアの中にある。周辺には東急ストアや業務スーパー、まいばすけっとなどがある。

担当者は「仲町台は店舗で展開する商品とあっている」(担当者)ことを出店理由の一つに挙げる。「中食需要は高まっており、スーパーで生鮮品の需要は高まっている。冷凍品は長期間の保存ができるため、これからのライフスタイルに合致するのでは」と語る。

もう一つの出店理由は、「凍眠」の技術を体験してもらうための場にするためだ。一般的な冷凍技術は冷たい空気で冷凍する。同社では、冷たいアルコールで凍結することで、一般的な急速冷凍の約20倍もの速さで食品を凍らせることができるため、細胞へのダメージを抑えられるという。そのため、解凍後の食品は味や風味が劣化しにくいようだ。広く知ってもらうことで、小売店のバイヤーらにも技術を伝える。

商品は200種500品目をそろえる。冷凍弁当や惣菜に加え、精肉や鮮魚なども並べる。同社の冷凍機器「凍眠(とうみん)」で急速冷凍したものだけを扱う。鮮魚ならば漁港でとれたものを素早く加工し、その後冷凍しており、担当者は「朝市で買い物をしているような鮮度感」と自信を見せ、「それぞれのこだわりを、一番良い状態で表現できているのでは」とも語る。

生食用のカキや、寿司屋が握った握り寿司も冷凍で販売している。生鮮品の場合、一般の冷凍庫よりも温度の低いマイナス50度で保管しているため、家庭用の冷凍庫では消費期限が早まるものもある。

凍眠を利用している飲食店の商品も陳列している。開店当日はイタリアンやお好み焼き、担々麵、スイーツなどもそろえていた。店内にはイートインスペースを設けており、冷凍弁当など一部商品は喫食できるようになっている。

伊藤忠食品と共同で立ち上げた冷凍食品ブランド「凍眠市場」(とうみんいちば)の商品も約70種類をそろえる。伊藤忠食品の担当者は「生産者の方とやり取りをして、季節感のある商品を並べられるようにしている」と話す。生産者から一方的に今欲しい食材を注文するのではなく、生産者からの提案も聞きながら最適な品ぞろえを行うようにしているという。

今後は近隣地域を対象に宅配を検討している。遠くに行きづらい昨今の環境で、様々な地域の食材や料理を気軽に購入できるのは、これからの小売店にとって重要なことになるかもしれない。

〈「トーミン・フローズン」店舗情報〉
・所在地: 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-32-5
・アクセス: 横浜市営地下鉄ブルーライン 仲町台駅より徒歩2~3分

〈冷食日報2021年2月12日付〉