ケイエス冷凍食品が7月20日にオンライン開催した2021年秋季新商品説明会で、六鹿文雅取締常務執行役員は「冷凍ミートボール市場拡大に向け新商品・リニューアルを強力に推し進める」と意気込んだ。

家庭用では鶏つくね串シリーズの拡販とともに、食卓おかず市場に向けてロングセラー中華商品の刷新を断行する。素材系肉だんごにも挑戦を続ける。業務用はデリカルートに袋入り肉だんごを販売強化するほか、コロナ影響の少ない、病院、シニア施設、学校給食、宅配への提案を強化する。 

2021年秋季家庭用では新商品6品、リニューアル品3品を発売する。家庭用の開発テーマはウィズコロナの生活に寄り添い「おかず・おつまみ」の選択肢を増やし、より充実した食卓を目指します――。

「コロナ影響で変化したライフスタイルにより、家での料理や食事、飲酒機会が増えた。おうち時間の充実にどのようにお役に立てるかをテーマにした」(川村綾子マーケティング部部長)。
ケイエス冷凍食品 川村部長

ケイエス冷凍食品 川村部長

 
ロングセラーの「国産肉 肉だんご」と「エビのチリソース」は本格中華を食卓で味わえる商品として、食卓向けに大きく舵を切った。規格・容量を見直し、パッケージも従来のイメージを残さない、シズルの迫力と高級感を打ち出したデザインに刷新した。 
 
内容量は「肉だんご」は現行190gから240gに、「エビのチリソース」は130gから170gに増量。肉だんごは1粒を食べ応えのあるサイズに、エビチリのフリッターも大きくした。ケイエス冷凍食品の想定小売価格として、それぞれ340円から450円に、340円から490円に上がるという見方をしている。 
 
鶏つくね串シリーズは「おつまみ・おかず」としての使用機会の創出、浸透を図る。ケイエス冷凍食品の調査では鶏つくね串の弁当以外の利用が増加傾向にあるという。2021年秋季は期間限定商品の第7弾として「しょうが入り国産鶏鶏つくね串(照焼)」を発売。「東京オリンピック・パラリンピックでは鶏つくね串で家飲み需要を獲得し、売上げの拡大を計画している」(六鹿常務)。 
 
鍋需要の高まりに対応し、鍋食材として「国産鶏肉使用 つくね」を新発売する。ストックしておけば、家庭の野菜と組み合わせていつでも鍋料理ができる“お助け食材”となる。程よい塩味と生姜風味をきかせたシンプルな味に仕上げた。パッケージ裏面に「鍋つゆおすすめ度」を掲載、献立のヒントとして利用を促す。 
 
おつまみの新商品「ホットスティックチキン」は辛い物好きに向けて、ハバネロパウダーを使用した“激辛”に仕上げた。
 
業務用は新商品5品、リニューアル品4品を発売する。
 
内食化への対応として、デリカ向けに3品そろえた。「国産若鶏使用 とり天(しょうが入り)」「国産鶏肉使用肉だんごタレなし 15(袋内添)」「国産鶏肉使用ミニメンチカツ」――。いずれもフライ調理でパック売り、袋売りをしやすいサイズ。おつまみとしてそのまま食べておいしい味に仕立てた。 
 
学校給食向け新商品は「肉だんご(トマトソース)15(または30)-Fe&DF」。乳・卵不使用、食塩相当量 0.9gで、不足しがちな鉄・食物繊維入り。「TOFU ナゲット」は原料の卵を不使用に変更した。「栄養士がメニューに取り入れやすく、学生・生徒が美味しく食べられることを目指した」(川村部長) 。
 
給食全般向けの「ミニハンバーク(てりやき味)」はソースの甘さを抑え、生姜風味をつけることでご飯に合う味付けに変更。「ちくわチーズの磯部揚げ」はチーズを変更して滑らかさとコクみを向上させた。 
 
外食向け「ソイリーボール」は幅広い用途に使いやすく改良した。植物由来の原材料のみで作ったプレーンのボール状商品。調理方法に煮込みを追加し、食感も改良した。食塩相当量を約25%減の100g当たり1.1gに抑えた。用途の幅を広げる狙いだ。「外食として発売したが、その他のルートでも評価いただいている。チャネルの幅も広げていきたい」(川村部長)としている。デリカの健康弁当やデリバリーの健康訴求メニューでの引き合いが強いという。
 
〈冷食日報2021年7月26日付〉