ビール酒造組合の滝本修司専務理事は26日に記者会見を行い「昨年のビール類の課税移出数量は、前年比97.6%となった。ビール系飲料の市場を取り巻く環境は厳しい状況が続いているが、ビール業界としてはお客様ニーズに応える商品開発、新たな価値提案などを通じて需要振興に努めていく」と述べた。(続きは本紙で)