国税庁では、9月15日から10月14日まで、「酒類の地理的表示『白山』を変更する件(案)」に対する意見を募集する。2015年10月30日に、地理的表示制度を改正、指定基準の明確化するむね、告示していた。それに沿った措置。

これまでは、地理的表示の指定の要件が具体的に示されていなかったが、今後、日本産酒類のブランド価値の向上等を図っていくためには「地理的表示」の活用が有効と捉え、「基準の明確化」「消費者にわかりやすい統一的な表示のルール化等の現行制度の体系化」を図った。(続きは本紙で)