大関は8月下旬から、飲みたいけれど健康面や体型が気になるという人に推奨する「大関 糖質ZERO」(900mlはこ詰、1.8Lはこ詰/税別710円、1,400円)を全国で発売した。アルコール度数13%。原材料名は米(国産)、米こうじ(国産米)、醸造アルコール。

同社によると、健康や体型が気になる人はアルコールも糖質ゼロの商品を選ぶ傾向が高いが、「旨味が足りない」「香りが少ない」といった不満の声も上がっていた。そこで同社は、特に不満の声が多かった香りに注目し、独自の製法で糖質ゼロでありながら、華やかでフルーティーな香りの広がりを感じられる、口当たりのさっぱりした辛口の味わいに仕上げた。

パッケージは、メタリックグリーンのグラデーションですっきり爽やかなデザインにし、一目で糖質ゼロと分かるようにしている。

〈食品産業新聞 2018年9月3日付より〉