アサヒビールはこのほど、開催まで2年をきった東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成と業務用市場の活性化を目的に、東京2020オリンピック競技大会のエンブレムを記載した「アサヒビールオリジナル東京2020オリンピック555mlジョッキ」の展開を拡大する。

「555mlジョッキ」は、オリンピックシンボルの「5」つの輪と東京2020大会の総競技数「55」を並べた「555ml」容量のジョッキ。

ジョッキ上部には、東京2020大会のオフィシャルビールである「アサヒスーパードライ」ロゴをデザインを配し、真ん中に東京2020オリンピック競技大会のエンブレムを配置。ジョッキのエンブレムや金メダルを想像させる黄金色のビールなどにより、東京2020大会に向かう選手、関係者、お客様など、すべての人が“最高のKANPAI”ができるようにという想いを込めた特別なジョッキとなる。

555mlジョッキは、今年1月から提案を開始し、6月末迄に約200店で展開していた。一方、開催まで2年をきった7月以降から採用店数が増加し、9月末で当初の年間目標10,000店を超えている。10月以降は、首都圏を中心とした提案・活動の強化に加えて、SNSを活用したデジタル販促を順次展開し、555mlジョッキの認知拡大を図ることで、年間目標20,000店の達成を目指す。
飲食店で展開するPOP

飲食店で展開するPOP

尚、デジタル販促は、2020年6月までに東京2020大会の総競技数と同数となる、55種類を予定しており、若年層を中心にビール類需要の喚起に取組むとしている。

〈酒類飲料日報 2018年10月2日付より〉